2010年12月10日

カンブリア宮殿を観た

テレビ東京の『カンブリア宮殿』電子書籍元年 村上龍を観た。
職場の先輩の薦めもあり、先週から楽しみにしていた。
内容的にはこのテーマのエッセンスだけを抽出した作りとなっており、詳細まで知りたいと思った視聴者にはやや不十分な印象を与えたかもしれない。しかしながら、村上龍のメッセージとしてはうまくテーマがまとめられていたので、非常に興味深く観ることができた。オンライン版ではカットされているところも配信されているようなので、公開が待ち遠しい。#1だけでもかなりのボリューム。いいね。

印象的だったポイントが色々あったが、講談社副社長が「様子見」をしている出版社の方々を批判している部分。同じ単語を職場で半年くらい聞いているので、「ウチの会社だけではないのだな」と思わず笑ってしまった。あとは、「出版社は紙媒体書籍のプロであって、電子書籍のプロではない」というコメントもよかった。電子への取り組みに対して消極的な出版社の理由がはっきりした感じ。経験的に解釈すると、紙媒体出身のグラフィックデザイナーがウェブデザインにすんなり移行できるヒトと、そうでないヒトがいる構図によく似ている。デザインという概念の本質を考えれば、両者は共通した要素を持っているにもかかわらず、チャンスがあっても「両方」に取り組んだデザイナーは一部であった。結果的にウェブデザイナーは独立した職種として存在することになったが、これを前例として解釈すれば「電子書籍のプロ」も同様にこれから生まれていくのかもしれない。

はてさて話は変わるが、ウチの会社(メディカル系の出版社です)はこれからどうなるのかな???とか無責任に楽しんでしまう。こうした番組を観ると「観客」と「当事者」二つの視点から今の仕事を見つめ直すことができてとても面白い。出版業界はもとより、IT業界にだってまだまだ電子書籍のプロと言える人間は少数である。プロがいないのであれば、これから道をつくってプロになればよいとだけの話だ。経験値を多く勝ち得た人間から順番にプロになっていくことができる。大手企業に入らず、ベンチャー企業を自ら立ち上げては世に出た若者達を多く産出した、ITバブル期のような空気感だ。「既成の価値観はどうでもいい。経験値はプロになりながら積めば良い」といった潔さが特に似ている。

電子書籍というパッケージをめぐって動く人間もいれば、あえて紙媒体にとどまる人間もいるだろう。紙媒体もまだまだ必要であり、電子の台頭そのものがすぐに紙媒体を圧迫することはない。そもそもこれは「どちらを選ぶのか」といった選択的議題ではない。出版社は重複も共存もする複数のメディアのうち一つだけ所有しているのに過ぎない。せっかく到来した新しい市場に対して、新規事業に取り組んでみようという気概をもっているか否か、それだけのことである。「面白そうだからやってみよう」と思う人間が社内にどれだけいて、その人間がどれだけの人間の意識を変えていけるかが、きっと各出版社のスタンスを決めていくだろう。

なにはともあれ、この時代に渦中の出版社に在籍できていることは好運であることよ。大変面白い。
posted by サトウヒロシ at 00:58| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
世界初!ブログコメント自動生成プログラム導入。
Posted by 桜咲okada at 2010年12月20日 19:00
1月3日21時木屋町集合。
Posted by 無料案内人 at 2010年12月29日 22:38
12月31日9時までに返事。無視、死刑。
Posted by マーダーライセンスマキバオー at 2010年12月30日 22:16
求刑確定。
Posted by 必殺無料案内人 at 2010年12月31日 09:48
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。